横浜箱ヘルLab

箱ヘルの歴史とこれから

箱ヘルは1970年の後半から増加しはじめた業態です。
当時は、本番行為もなくアルバイト感覚で働く女性も多かったそうです。
それからは、風俗=ヘルスと言われるほど標準的なものとなっていきました。
しかし、2000年代に入り、デリヘルやホテヘルなどのプレイルームを持たない出張型の風俗が誕生しました。
デリヘルの自宅への派遣は、風俗業界においてイノベーションを巻き起こしました。
風俗や風俗街を敬遠していた層も取り込んだのです。
電話一本で、自宅や滞在しているホテルにキレイな女性が来てくれるのです。
やがて、ヘルスの主流はデリヘルに移行していきます。
お金も女の子もデリヘルに流れ、箱ヘル業界は縮小していきました。
しかし、やはりデリヘルにはない強み、魅力を持っているのも事実です。
私などは、初めての風俗体験は箱ヘルでした。
とにかく性欲が抑えきれなくて、女性の肌に触れたくて仕方なくて、独特な雰囲気を纏う風俗街に足を向けました。
くせのあるスタッフさんや女の子を選ぶ時の高揚感、待合室の気まずさやプレイルームに向かう際の女の子との対面のドキドキなど、全ては箱ヘルで味わいました。
頑張ってお金を稼ぐことの意味や、生きることの悦びは箱ヘルが教えてくれました。
…っと、少し目頭が熱くなってしまいましたが、これからも箱ヘルを愛し利用していきたいと思います。
そう、箱ヘルのこれからに思いを馳せて…

↑ PAGE TOP